FC2ブログ
プロフィール

弾駆郎

Author:弾駆郎
最近、模型(ガンプラ)製作の世界に戻ってきました。
一から勉強している昨今であります
勿論、ミニ四駆の活動も続けていますが…以前よりは
かなり要素は薄めになっております
そんな 模型的 な日常のブログとしてタイトルも
変更しました。

岸和田市内で3ヶ月に1度 ミニ四駆走行会の開催を
お手伝いしております。
こちらも継続してお手伝いをさせて頂いております…

カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
40739位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
3693位
アクセスランキングを見る>>

こたつ会議とたまたまと…2

じゃじゃじぁー こたつ会議 後編で
ございます。

嬉野先生の神対応を横目に見ながら、更に待つ事、しばし。
どんどん行列が増えてきました処で
安全を考えて会場の中に少し列が入る事に、この時舞台のこたつをよーく見ると
ネームプレート発見!目をこしこししながら、藤やんの席を確認 並んでいる順番から推移するに正面一連目は確保出来そーな雰囲気。

間も無く開場、もう少しズレてれば…とは思いつつも、どんどん人が集まってきますので、正面を結局確保。

(;^_^A 四人でこたつを囲むので斜め位の席でもよかったのですが、私的にはこの場所でラッキーな事が後ほどおこったので結果オーライな訳でありましたが、
相方さんには少し悪い事したな…。

因みにイベントは撮影禁止でしたので
バシバシ撮影されていた方はいましたが…

無しです。はい。

席を確保し、会場の周りには出演陣の
ブースやお酒のブース…はたまた
時代錯誤も甚だしい(笑)札束風呂体験とか、色々ありました。

因みに最初のブース紹介の時に、藤やんが、札束風呂はちっちぇ子供にやらしていいのかい?って…

確かにそーだ ( ̄◇ ̄;)

何かバブルな時代を彷彿とさせる企画は
今の若い方にはかえって新鮮だったかもしれません。

私達は早速、【たまたま】ブースへ…

【たまたま】とは…???
関西では放送されていません関東の
テレビ埼玉で、読売テレビの西田二郎さんと、藤やんが制作費0円でやる!
何をやっているかわからない番組です。
最初、関西で番組収録とかをたまーに
されている様で、動画サイトで目につきまして、一度見てみたいなっと。
勿論、こたつ会議 の中で収録もありましたので観覧のキッカケとなりました。

こちらの番組は、観覧者や有志の協力によって制作されています。
ブースでグッズ 今回は嬉野先生のDVD
特製手ぬぐい 嬉野珈琲なる企画にて
商品を購入すると、それが番組の制作費に充てられる仕組みになってるそーで
なんと、購入するとリストに名前を記入します。購入金額によって大きさは変わるのですが、番組のエンドロールに

のります! ( ̄◇ ̄;)

見れません!( ̄◇ ̄;)

しかーし、見れるとか見れんとか
そんな事は、ちょっとおいといて
今回の収録分は…見てみたいけど…
関東に知りあいおらんしなぁ(T_T)

手ぬぐいと、嬉野先生のDVDを購入する相方と私でした。



こたつ会議の本編はニコニコさんで
しばらくは見れるみたいなんで興味のある方は検索してみて下さい。

OMOSIROI という事はどんな事なのか
人によって感じ方や表現方法は異なる訳でありまして、モノを創るって【面白い】どういった事なのか、正直、時間は
全く足りていない様子でしたが、話としては いい話 ばかりで非常に濃い内容でした。

次回も可能であれば 参加してみたいですし、あくまで私の所見ですが、昭和の
色々なモノに制約が無くてある程度、
自由にモノを創れていた頃の話や
昔はテレビが大好きだった…って方には
オススメです。


【たまたま】の収録では、藤やんが時代劇に挑戦!とかありまして、爆笑の連続でありました。
ちゃんと 役者 でした (^o^)

最後は、西田二郎さんの歌謡ショー??
参加者でダンスを一緒に踊る…という
企画

二郎さん、地味に歌うまいし…

一回目は時代劇の出演陣や嬉野先生も交えて先ずはスローな
【河内のおっさんの唄】で場を温め
この時、最初は後ろでカメラを撮影していた嬉野先生が、軽やかに軽快にダンスされている ((((;゚Д゚)))))))

すっすげー

あんなに動いている 嬉野雅道 をかつて
我々は見たであろーか!!
50代の動きとは思えない キレ である。

これを見れただけでも 藩士 として
価値があったのではなかろーか!!

おっと、少し興奮してしまいました。
嬉野雅道 の 魅力は 男女共通の
癒し なのであります。



そして 二回目の
【河内のおっさん唄】
今度は、少しスピードもましましで
最後、盛り上げってや~と二郎さん。


うん?








何気に横を見ると…10m位の距離に
嬉野先生がカメラを片手に舞台から
降りて来ていらっしゃる ((((;゚Д゚)))))))

こ、これは何かのチャンスだ…

少しずつ、少しずつ
にじり寄る…更ににじり寄る…

変態か?俺は?

そして、嬉野先生の真横をGETする







うっ、うっっ 感動である
福島の時に少しお話し出来た時の事を
覚えて頂けていた様子で、嬉野先生が
あ!来てたの?って感じでお声掛けを
頂け…

さ、さっ 盛り上げりましょーと。



うん 満足。


この一言で全てが集約されたのでありました。


イベントが終了した後にの一枚



その後、二郎さんにも写真を撮って頂けたり、二度目の握手をしたり。

【たまたま】応援してな!

勿論です。

【ダウンタウンDX】見てなあ!

す、すいませんm(_ _)m
最近、見てない…

心の中で お詫びを…

なんてやり取りがあった後、会場を
後にするのでありました。





結局の処、キッカケとは…
水曜どうでしょうであり 藤やん、嬉野先生であり、若い頃に見ていた 携帯リレーの 西田二郎さんであり
何となく こたつ会議 というキーワードで繋がっていて、参加してみると

凄く面白い よく笑った
嬉野先生の知らない、一面がみれたり
藩士の方の小さな親切や
小さな交流

【たまたま】に魅了を感じる人達の
何故?を少し知る キッカケ にもなりました。


うーむ 中々 面白い 一日でありました。











スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント