プロフィール

弾駆郎

Author:弾駆郎
最近、模型(ガンプラ)製作の世界に戻ってきました。
一から勉強している昨今であります
勿論、ミニ四駆の活動も続けていますが…以前よりは
かなり要素は薄めになっております
そんな 模型的 な日常のブログとしてタイトルも
変更しました。

岸和田市内で3ヶ月に1度 ミニ四駆走行会の開催を
お手伝いしております。
こちらも継続してお手伝いをさせて頂いております…

カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
18874位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
1993位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無くしてしまった場所

携帯の画像を整理していると一枚の
画像を消さないまま残している事に
気がつきました。



私が以前、お世話になっていたお店の
ラストレースのコース設置後に撮った
写真です。
三月末の寒い日でしたね…確か。
夕方には雨も降ってきて最後を惜しむ参加された皆様の気持ちを代弁している様な天候でした。

もう半年以上前のことですが、あらためて、今、普通に集えることの出来る場所があることに感謝をするとともに

店長の最後の謝意の中から…

我々は一つのコースを失った・・・。しかし!これは敗北を意味するのか!?
否!始まりなのだ!

某社のガンプラに比べ、我がミニ四駆の販売面積は三分の一以下である。
にもかかわらず、今日まで戦い抜いてこられたのは何故か!?
諸君!ミニ四駆が楽しいからだ!

ミニ四駆が誕生して30年!
新製品の発売も無く、公式大会も開催されなかったあの時を思い起こすがいい!
タミヤ模型が掲げる、ミニ四駆レーサーの自由のための戦いを神が見捨てる訳はない!

諸君らが愛してくれたミニ四駆店頭コースは無くなった!何故だ!!

今、ミニ四駆はかつての栄光を取り戻そうとしている。
諸君らはこの現状を安穏と享受しようとしているのではないのか?

それは罪深い過ちである!

かつて少年だった大人レーサーたちは自らのノルタルジーと欲望を満たすことのみを考え、後進たちの規範となるべき先輩レーサーである、という立場を忘れてはいないか?
少年レーサーたちは速さのみを追い求め、過去の技術やパーツにすがることなく自らの創意工夫を駆使することを忘れてはいないか?
すべてのレーサーたちは、自らのよりどころとなるホームコースはミニ四駆レーサー自らの手で作り上げていくということを忘れてはいないか?

数々のミニ四駆店頭コース、ミニ四駆レーサーが数々の無思慮な抵抗の前に死んでいった。
この悲しみも怒りも忘れてはならない!

それをミニ四駆店頭コースは設置終了をもって我らに示してくれたのだ!

我々は今、この怒りを結集し、思いを新たにすることによって
初めて真の勝利を得ることが出来る!

ミニ四駆レーサーよ!立て!悲しみを怒りに変えて!
立てよ、ミニ四駆レーサー!!
タミヤは、ミニ四駆は、諸君等の力を欲しているのだ!




なんて、冗談混じりですが店長らしい
最後の挨拶を思い出しました。
いつまでも、後輩レーサー達に恥ずかしくない先輩レーサーでいたい…

一枚の写真からあらためて
思い出しました。

私は大した技量があるわけではないのでいつまでも はんなり ですが…
スポンサーサイト

COMMENT

うーむ

最初は「何かのパロディかー」くらいに思って軽く読み流してましたが、改めて読み直してみると考えさせられますね…
自分も一人のベテランレーサーとして、また一人の大人として恥ずかしくない振る舞いをしていかなければなー、と思います

すみれ色の人様▷

コメントありがとう御座います。
私はあの時、あの場所に居て
店長の言葉を聞いてやるせない気持ちになったものです。
後日、店長があらためてブログにて
書かれているのを読んでみて、読み直すと色々な意味があるな…と。

今回、偶々残していた画像を見つけて、再度発信する意味がある言葉だと思い、全文を転載しました。

今の場所では そんな事態 にならない様にお店のコンセプトである

親子で家族で…年齢層関係なく
楽しめる場所を目指す

これを応援していきたいと考えて
おります。

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。